新聞広告にふと目を留めた瞬間からこの旅行を申し込むまでに、時間はかからなかった。早速電話すると3回のクルーズのうち、第一希望日はすでに満員。他の日もまもなく定員に達するので、仮予約をして、キャンセルが出たら切り替えるという方法がいいとの担当者のすすめで、急ぎ仮予約を申し込んだ。

それから数日、幸運にも希望日にキャンセルが出たという知らせがあり、今回の旅行日が決まった。

かくして阪急交通社との付き合いが始まり、旅行後も案内書送付のラッシュにあっていて、それだけで旅行が続いている感じだ。

NCL は「NORWEGIAN CRUISE LINE」というクルーズ会社のイニシャルである。

今回のクルーズは、阪急交通社が企画して売り出したものを利用した。

 

クルーズは、服装や食事作法等が堅苦しいと聞いていたが、このクルーズは最初から「FREESTYLE CRUISING」を打ち出しており、たいへん取っつきやすかった。

この二人の美人が、今回の添乗員さん。

 

 右  遠藤さん

 左  西原さん

ツアーディスクで一生懸命準備するお二人。
ツアー終了後、こんなに素敵なギフトをいただきました。

「プライド オブ ハワイ」
       案内用パンフレットから

  胸わくわくの表紙

  胸わくわくの船内生活

  胸わくわくの船内施設

  胸わくわくの
     デッキプラン
        &
     キャビンプラン