同じ旅行をするなら、同行者の何倍も楽しむ。これが私のこれまでのコンセプト。想い出として残すだけでなく、想い出を後で脹らませるためにも、この目で見たり体験してきたデータは大切に残したい。 だからその記録の保存には力を入れている。

しかしながら物忘れのスピードは、誰にも負けじと、自分でも驚くほどに進んでいる。曖昧な記憶に頼るぐらいならば、旅行中は大変でも機器に頼ってよりたくさんのデータを残そう。

今回持参した記録のための機器は下記の通りだ。その集大成がこのホームページとなってまとめられている。

使われている写真は、主に私が担当し、ビデオ撮影は家内が担当した。音声録音は二人で担当した。ビデオは一部スチール写真にして使用したが、動画としてネットに載せるには容量が大きいので、撮影当時のテープの他に、別途DVDにまとめてある。

記録してきたデータ

  デジタル写真(SVGA 1280×960×1677万で撮影)         1674枚
  デジタルビデオ(LPモードで撮影 120分×5本))            6000分
  デジタル音声テープ (120分用×2本、90分用×2本)         420分

デジタルカメラ

 SONY DSC-T5 Cyber-shot 

 SDカード 1GB + 512MB

 リチャージャルバッテリー

 バッテリーチャージャー

デジタルカメラ

 CANON PowerShot A40

 コンパクトフラッシュ
     128MB + 48MB

 リチャージャル単三電池   2組8本

 リチャージャルバッテリーチャージャー

 

 

デジタルビデオカメラ

 SHARP VL-MR1

 ビデオカメラ補助バッテリー

 ビデオカメラバッテリーチャージャー

 ビデオカセットテープ
  80分(標準モード) 3本

 DCケーブル

 

デジタルレコーダー

 SONY デジタルレコーディング

 イヤホン

 テープ
   120分用   2本
   90分用   2本

 ACケーブル

   
カメラ三脚    

双眼鏡

 PENTAX 9×20

   

電子辞書(英和・和英)

 SEIKO電子工業 SU TR-700

   
カメラバッグ