羽幌から南下して小平(おびら)町に入る。

小平町では、「鰊番屋」の見学が目的であった。しかし国道と海辺の間に見えたモニュメント(下の写真)が目についたので、まずはここを見学。

このアーチの下で、苦労して写真を撮影しようとする一人の青年を発見。

聞くと、オートバイで日本一周を目指している途中だという。

駐車場に戻ると、それはハーレーだった。

松浦武四郎像

小平町・鰊番屋前の「鰊文化歴史公園」にある。

江戸末期に「蝦夷地」をくまなく 踏破した三重県出身の探検家。

「北海道」の命名は彼の意見具申 によった。

松前藩の圧制の下にあったアイヌ の人々にも深い同情を寄せた。

鰊文化歴史公園のモニュメント。

 

松浦武四郎像

「北海道」の名付け親である松浦武四郎翁が日本沿岸探索の際に立ち寄った1856年(安政4年)、鬼鹿地方を詠んだ詩が彫られた碑。
  名にも似ず すがたやさしき女郎花 なまめき立てる おにしかの里

横浜でイルカの調教師をしている石原良太君に出会った。

なかなかの好青年だ。

オートバイで野宿をしながら全国一周を目指してといると聞いて、興味津々。すでに半周して、残りの半周の途中だという。

駐車場に戻ると、それはオートバイの最高名車といわれるハーレーダビッドソン (Harley-Davidson、NYSE:HOG) 通称ハーレーだった。

 

無事達成しましたか。メール待っています。

 

ハーレーダビッドソン (Harley-Davidson、NYSE:HOG)

ハーレーダビッドソン社製オートバイ最大の特徴は、大排気量空冷OHV、V型ツインエンジンがもたらす独特の鼓動感と外観であり、これに魅せられた多くのファンがいる。駆動はクランク運動をプライマリーケース内でチェインからベルトに変換され後輪へと伝えるベルトドライブである。

日本では1912年に日本陸軍が初めて輸入を行ない、後にサイドカーを中心として軍用車両として用いられた。一時期は国内で「陸王」の名でサイドバルブエンジン搭載の車両がライセンス生産・販売されたこともあったが、今は輸入販売のみである。

何とハーレーにまたがる女性は誰ぞ! 好奇心が誰よりも強い彼女、ハーレーを見て遂に本性を表したらしい。 
彼のこのドライブMAPに、記念のサインをした。