余別川は、余別漁港のすぐ脇に流れ込んでいる川だが、鮭の遡上が多いことでも有名だ。

天気はあいにくと朝から小雨で、風も強く、海は荒れ模様だ。

昨夜旅館の風呂で一緒になった人から、川口で鮭を釣るなら、天気にかなり左右されると聞いていたが、旅館のすぐそばとあって、それでも期待に胸脹らませながら出かけることにした。

鮭狩猟の規定

海の中なら釣ってもいいが、川口から川に入ると捕ってはいけないことになっているのだそうだ。

そのために下の写真のように、川の一番先から海に向かって釣り糸を流すのだそうだ。

この時押し寄せる波の中に、鮭の大群が見られるが、風が強いと鮭が川に近づかず、従って釣れないし、波の中の鮭も見えない、とのことだった。

橋の上から川を覗くと、数匹泳いでいるのが見える。しかしきょうは少ないという。
この場所は普段は絶好の場所で、釣り人も多いが、今朝はみんな帰ってしまって一人しかいなかった。

中には、力尽き果てて身を横たえる鮭の姿もあちこちに。

一人残っていたこの釣り人も、今朝の収穫は1匹だけ。
お願いすると、気持ちよく袋から出して見せてくれた。→

しばらく粘って、波に近づき、しゃがんで波間を覗き込むが、風は益々強くなってきて、波は大きくなるばかり。

ついに鮭の姿は発見出来ず、荒れた天気を恨みながら引き上げることにした。

残念無念。