左に津軽海峡と遠くに津軽半島の山々を眺めながらのドライブは快適そのものだった。

北海道最南端の「白神岬」に到着する。小さな駐車場の一角に、小さな道標が立っているだけなので、通り過ぎてしまうところだった。

遠くには本州の津軽半島が見える。ここからの最短距離として青森県竜飛岬までは19.2kmだ。青函トンネルは、この海の下を通過している。

最西端の尾花岬は、道がなく崖のため行くことが不能なので、これで東西南北の端っこの岬を訪問したことにする。(この枠の一番右枠内を参照)

北海道の端っこ
  北海道最東端 北海道 根室市 納沙布岬
      東経145度49分17秒

  北海道最西端 北海道 瀬棚郡北檜山町 尾花岬
      東経139度46分10秒   道なし

  北海道最南端 北海道 松前町 白神岬 現在地
      北緯41度23分42秒

  北海道最北端 北海道 稚内市 宗谷岬 2003年
      北緯45度31分13秒       2007年    

「端っこ」の意味は、この際領有権問題が絡むので、北海道本島と考えることとする。

思わず見落としてしまいそうな道路案内。

道標には、北緯41度23分、最南端の文字が・・・。

あまりにもひっそりとしていて、アピール度が低い。

白神岬から津軽海峡を見る。海の向こうの島影は津軽半島だ。3枚の写真で合成したので、凹に見えるが、北海道最南端の岬である。

本州青森県竜飛岬まではわずか19.2km

まるで手を伸ばせば届きそうな距離だ。