JR函館駅すぐそばの朝市へ出かける。

朝市の名の通り朝5時から正午までが原則だ(夏場)。

北海道名産 かに / たこ / いか / えび / さけ / いくら / たらこ / 明太子 / すじこ / 数の子 / 珍味...etc、他にかに・食堂・青果なんでもある「食」のワンダーランドが函館朝市だ。

ほぼ満杯の駐車場に入り、周りを見回すと、面したところにたくさんの看板が見える。この脇を入った裏側一帯が中心だ。路地に一歩足を踏み入れると、威勢のいいかけ声が飛びかってきて、なぜか心が躍る。

函館朝市

その発祥は、戦後の昭和20年に、函館駅前広場の隅に農業生産者の一部が換金の必要にせまられ、野菜の立売りを始めたのが最初と言われる。

昭和31年 若松町(現在地)に移転

現在函館朝市の推奨店看板(あさいっちゃんマーク)を揚げている店約300店舗、その他周辺店舗を合わせて約400店舗の規模を誇る。

この脇から路地に入ると、裏にドームが広がる。

ドーム内の一角

海産物を扱う店が多いが、地元の野菜・果物から加工品もたくさん並ぶ。

この一角に下記写真(3枚)のお店があったが、ここで販売していたご主人(写真)から、早速勧誘の声がかかった。

話をしてみると、栃木県出身だという。さらに聞いていくと、旧今市市轟出身の狐塚さん。確かに轟には狐塚姓が多い。真岡市を経由して北海道に渡ったが、奥さんが隣の北斗市に住んでいたことからここに住み、工場もそちら。

店の名前は「コヅカ食品」。海産物加工品の製造・小売を行っている。下右端の写真も彼の製造販売なるものだ。味見したらとてもおいしかったので、いろいろセットにして購入させてもらった。

これからも益々繁盛することを期待したい。

朝市ドーム内の一角
朝市ドーム内の一角
にこやかな狐塚さんと談笑しているうちに、引き込まれてしまった。
彼の会社の製品がずらりと並ぶ。