名寄市無形文化財(旧名 下多寄獅子舞)

9月6日は風連下多寄神社の例大祭です。幼き頃、短めの浴衣を着て境内に出かけ、勇壮な獅子舞に心を踊らせた感動は、今も子供達に同じ初秋の思い出
を胸に刻まさせている下多寄ならではの風物詩です。明治41年下多寄神社に奉納されて以来今日まで、伝統行事として受け継がれています。全長7mにも及び
多勢で舞う獅子舞は日本でも最大級とされ、昭和37年からは伝統芸能として、名前も風連獅子舞と改められ、今日があります。

故郷を離れて千葉県船橋市に住む我らが行動派の東 勲君、平成23年9月、思い立って故郷北海道名寄市風連町下多寄に向かいました。おりしも日本全国は
超大型台風12号の影響を受けており、西日本を中心に平成で最大といわれる被害を与えた後、大祭日の6日には北海道西の日本海海上にありましたが、不安
定な天候の影響は避けられず、奉納場所を我らが母校風連町下多寄小学校の体育館に移し、奉納されました。

混雑する体育館の中での撮影は困難を極めたそうですが、
持ち前の根性とタフさでシャッターを切り続けた汗の結晶が
ここに紹介する写真です。そのため一切の編集の手を加え
ずそのまま撮影順に掲載しました。

写真を拝見しながら自分の記憶は確かに甦りましたが、獅
子舞の背景、登場者やストーリーなどは全くわかっていない
自分に気がつきました。そこで解説の欄も設けしたので、皆
さんのご協力をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

写真撮影・提供  
  東 勲君 平成23年9月6日 千葉県船橋市習志野台在住
  東君の素晴らしい写真提供に深謝いたします。

関連資料
  北海道文化資源データベース 
  名寄市風連歴史民俗資料館
  風連町(特例区)の芸能・文化 風連獅子舞
  伝統の獅子捕、浦安の舞い(下多寄小学校) 
  史志の北海道ぶらーっと一周2

解説
左列 右列

1              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下多寄獅子舞 昭和28年 福井撮影       下多寄神社 平成19年福井撮影   

解説お願い 部分でも1コマだけでも結構です。ぜひお願い・・・

只見厳禁です。 見た人は感想や幼き頃の思い出など何でも結構です。こちらに寄せてください。