バロックから初期古典派までの音楽の奏法

──当時の演奏習慣を知り、正しい解釈をするために

◎タイトル バロックから初期古典派までの音楽の奏法
    ──当時の演奏習慣を知り、正しい解釈をするために
◎著  者 橋本英二(はしもと・えいじ)
◎体裁など A5判・上製、392頁
◎価  格 定価6,090円(本体5,800円+税)
◎ISBNコード ISBN4-276-14030-7 C1073
◎発売予定日 2005年10月24日(予定)
◎概  要 20世紀後半の古楽研究の発展とそれにともなう古楽ブームの結果、古い音楽を演奏するさいには、装飾音、リズム、ダイナミクス、アーティキュレーションなどについて、当時の演奏習慣にもとづいた適切な解釈をすることが常識となった。現在では、古楽器演奏家はもとより、モダン楽器の演奏家のあいだでもこうした考え方が一般的となっている。本書は、プロ、アマチュアを問わず、バロック音楽から初期古典派までの音楽を演奏するさいに留意すべきさまざまな事項を、J. S. バッハ、F. クープラン、ラモー、クヴァンツ、 テュルク、C. P. E. バッハ、L. モーツァルトなどの当時の教本(理論書)の記述にもとづきながら、実践的に解説した書。R. カークパトリックの直弟子であり、D. スカルラッティの楽譜の 校訂などでも知られるチェンバロ奏者、シンシナティ大学名誉教授の橋本英二氏が、みずからのバロック音楽研究の集大成として書き下ろした記念碑的労作。