大室ダムで出来たダム湖は、周囲の散策路が1300mに及ぶ市民の憩いの場となっている。
この水は農業灌漑用であるが、旧今市地区内では最も大きな湖の出現であり、周辺は市民の憩いの場として整備された。
周囲には、いろいろな桜の植栽が行われ、春には「ソメイヨシノ」はもとより我々が植栽した「オオヤマザクラ」や「サトザクラ」「カワズザクラ」などが次から次と咲き乱れて、長く楽しめる。
中央の小山には、山腹にたくさんの桜が植えられていて、その間を縫ってミニ山登り用の片道約200段の周回路も整備されている。
水面には、時には200羽を越える鴨などが生息し、時には禁漁にもかかわらず釣り糸をたれる人の姿も見られる。

「前山」(308m)頂上付近より、晴れ渡った日光連山を眺める
以下は、南駐車場から出て、ダム湖を右回りに一周しながら撮影したものを順に掲載している
湖が満水時にオーパフローするための取水口 散策道には「サトザクラ」が植えられている 「前山」 春は桜で覆われる。シンボル的存在
特別養護老人ホーム「大室さくら苑」

日光市立大室小学校

北駐車場付近から前山方面
南駐車場方面 記念樹植栽会場方面 北駐車場に設置された案内図
北駐車場付近から日光連山を望む 鳥たちの憩いの場 鳥たちも散歩

前山山頂付近より左手

前山山頂付近より右手

前山山頂付近より中央  (上)南駐車場方面  (下)大室小方面
前山の山腹を縫う散策道の両脇には、ソメイヨシノを始め幾種かの桜が植えられている。  春はこのように桜で覆われる。
左手はダム上へ ダムから植栽会場・憩いの場・南駐車場へ ダムの背中の緑地部分 シバザクラが増えつつある
一番奥のひろばは親子の遊び場としても活用されている     我々が散歩した後の昼食をとる場にもなっている 
正面奥の階段を上がると植栽会場となった東屋を過ぎて南駐車場へ向かう 右が14年度に植栽されたオオヤマザクラ
左は15年度に植栽されたカワヅザクラ
オオヤマザクラの間に咲くタンポポ