シリーズ ハイキング 尾瀬裏燧林道 田代群

標高1500メートル御池は、尾瀬沼、尾瀬ヶ原、 燧ケ岳へ行くマイカー の終点だ。今回はここから裏燧林道を三条の滝に向かって歩く。朝になってからの出発だったために遅くなり、三条の滝までは時間的には無理を承知で、どこまで行けるかだった。このコースは何と言っても途中の田代群。渋沢温泉との分岐になっている天神田代までの往復となった。往復約3時間。

コース
檜枝岐村→御池→御池田代→姫田代→上田代→横田代(ノメリ田代)→西田代→天神田代往復

その他の散策地
檜枝岐村「燧の湯」

今日の出発地である御池に向かう途中、遠くに、わずかに雪渓の残る会津駒ヶ岳が遠望出来た。

出発点となる御池駐車場の

「山の駅 御池」   

駐車場から入るとすぐに最初の分岐点にさしかかる。燧ヶ岳への登り口だ。燧ヶ岳は私の足では無理、と同行案内頂いている原子さんの話をそのままうけて三条の滝に直進する。

御池から0.5km、三条の滝まで6km

 

林道にはいると、そこは木道が整備されていた。

すぐに御池田代に入る。


→ →
→ → →

姫田代、上田代と田代が続く。こんなところにも尾瀬らしさが感じられ、真夏というのにさわやかさを満喫できた。

 

↑原子さん撮影

あたりの自然の素晴らしさに、思わず振り返り、W−Vサイン。

ホラ、進むのは向こうだよ。

御池から2kmの横田代にたつ道標

この田代は、木道のない頃に足元がよく滑ったことから、別名ノメリ田代とも呼ばれる。

←             →

不思議な根を持つ巨木。長年の自然との闘いにおいて、このような造形を生み出したのだろうか。

天神田代は、三条の滝までのほぼ中間点である。

天神田代からほんの少し進むと、そこにこのような道標が立っていた。

御池から3.3km 渋沢温泉への分岐点。 尾瀬ヶ原(見晴)までは6.1km

ここで引き返すことになった。

天神田代から西田代に戻る途中で、道端にあったベンチで昼食をとる。

互いに持ち寄った豪華なおかずとコンビニで買ったおにぎり。

写真をクリックすると大きくなります。

ワタスゲの群落で有名な西田代から、横田代と戻って、上田代へ。


→ →
→ → →

上田代に着くと、周りの山々は霧で被われ、幻想的な風景が醸し出された。田代の中央付近にあったベンチに腰を下ろして、しばし風景に見とれる。

姫田代は一番小さな田代で、御池から10分ほど。つまり後10分ほど手戻れる。

この田代は比較的遅くまで小ぶりの水芭蕉が咲き、紅葉が美しいと聞くが、時期的に双方とも見られなかったのは当然である。

前方の林の向こうは、「山の家 御池」の駐車場だ。

今にも泣き出しそうな天気だったが、どうやら無事。天気もしっかり味方してくれた。ふだんの行いがよいとこんなところに見方が出来るらしい。

       
裏燧林道の道端で見かけた花々です。どなたか花の名前を教えてくれませんか。    ozetashiro@fukuichi.org
     下の写真は、クリックすると大きくなります。  

1.ニッコウキスゲ

2.ハクサンチドリ 3.ワタスゲ 4.コバイケイソウ 5.コバイケイソウ 6.タテヤマリンドウ
7.ミズバショウ 8.サワラン(アサヒラン) 9.ヒメシャクナゲ 10.ヒメシャクナゲ 11.チングルマ 12.チングルマ
13.イワカガミ
14.ベニサラサドウダン 15.オオシダ? 16.不明 17.ギンリョウソウ 18.トリカブト
       

駐車場を出て数百メートル下がったところで、湧き水が出ていました。

おいしくて腹一杯飲みました。

そして数十メートル下がると、今度はこのような滝に出会いました。美しく流れているので写真に収めました。

帰る途中で、檜枝岐の新装なった「燧の湯」に浸かる。 露天風呂が広くてゆったり気分。カメラをポケットに忍ばせて入ったが、脱衣場に忘れて写真のないのが残念。

東京でリタイヤして、隣町に移り住む人と浴槽内で知り合い、会話がはずんだ。

奥さんと時々この湯を楽しみに来ているらしい。動けなくなると再び東京に住む息子の所へ戻ることになっているとか。

       
      平成17(2005)年7月10日